注文住宅の間取りの決め方

注文住宅の間取りの決め方

注文住宅の間取りの決め方 注文住宅の間取りの決め方には様々な注意点があります。まず、採光や風通しは重要なポイントです。リビングや書斎など長い時間を過ごすような場所は、日当りを優先するべきです。一方で、納屋やトイレなどの採光の優先度は幾分下がります。
風通しのためには、1つの部屋あたり2つ以上の窓を配置するとよく、北と南、西と東といった方向に対面で配置するのがよいといわれます。生活動線にあった間取りであるかというのも重要です。生活動線とは、リビングやトイレなどを行き来する際の住宅内の道のりを指します。
動線はシンプルにすることが一番重要です。さらに将来の家族構成も考慮して決めることが重要です。家族世帯であれば子供が成長し、子供部屋が必要になることも考えておくのがよいでしょう。すでに子供が大学生などの場合でこれから注文住宅を建てるという場合、数年すると社会人で家を出ていくケースが多いですが、その場合に子供が利用する部屋をその後どのように利用するのかという観点も持っておくべきでしょう。

注文住宅を建てるなら間取りにこだわりを持とう

注文住宅を建てるなら間取りにこだわりを持とう 注文住宅なら自由設計のメリットを生かした家づくりが可能です。中でも最大のメリットは間取りを自由に決められることです。間取りは暮らしやすさや快適性に直接に繋がるため、こだわりを持って選びましょう。まず十分考慮しておかなければならないのが、生活動線や家事動線です。
キッチンやバスルーム、トイレなどの位置に配慮することで、ストレスの少ない家にすることができます。直接移動する動線や円を描くような動線を意識すれば、調理や掃除などの作業が効率よく進められます。しかも動線上に収納スペースを確保すれば日常生活のムダな動きを抑えることが可能です。
このような動線については家族で時間をかけて話し合うことが必要です。そして注文住宅を依頼する場合にはこれらの点について配慮できるハウスメーカーや工務店がおすすめです。そのような業者を早く見つけるためには希望するエリアを対象とした口コミサイトの評判を参考にするのが得策です。